夏のAGA(汗)    

    

夏は頭皮にとって過酷な季節

夏場のAGA対策として気をつけなければならないのは紫外線の影響だけではありません。頭皮にかく汗や頭皮のムレ、室内外の温度差なども頭皮環境を悪化させてしまうことがあります。

湿度が上がる梅雨時から夏はいつもよりもしっかりAGAのためのケアをしなければなりません。どんな点に気をつければよいか、具体的に考えてみましょう。

頭皮の汗と汚れはきちんと取り除こう

汗をかくと頭皮がムレて、雑菌が繁殖しやすい状態になります。男性ホルモンの影響で皮脂の分泌が多くなっていると、この雑菌が皮脂をエサにしてさらに繁殖し、頭皮に炎症を起こすことがあります。仕事上、ヘルメットや帽子をかぶらなければならないという方はさらに注意が必要です。

AGAの症状が気になるかたは特にこまめに汗や頭皮を拭きとるなどして頭皮を清潔な状態に保つようにしましょう。 またスタイリング時に使用する整髪料も使い方によってはAGAの症状を悪化させることがあります。

ワックスやジェル、ムースなど男性用の整髪料は粘度のあるタイプが多く、頭皮につくと毛穴に詰まりやすくなっています。またホコリやゴミなどを吸着しやすく、頭皮が不衛生な状態になりやすいとも言えます。

梅雨どきなど、湿度の高い時はヘアスタイルを維持するため、ついつい整髪料を多く使ってしまいがち。整髪料を使用したら、必ずその日のうちにシャンプーできちんと落とすようにしましょう。

毛髪を作り出す毛母細胞は私たちが就寝中に活性化するため、寝る前に頭皮を清潔にしておくことが大切なのです。そのうえでAGA対策として効果のある育毛剤を使えば効果もより実感しやすくなるはずです。



Copyright (C) 2013-2014 AGAレスキュー隊All Rights Reserved.