ブラッシングの注意 

正しいブラッシングを習慣にしよう

みなさんはブラッシングする習慣はありますか?
男性は女性に比べてブラッシングする機会が少ないのではないでしょうか。
ブラッシングしているときに抜けるのが怖い…という声も聞こえてきそうですが、正しい方法でブラッシングすればAGAケアとしても効果的なのです。

ではここで、AGAケアにオススメのブラシのタイプと正しいブラッシングの方法について考えてみましょう。

正しいブラッシング方法とは

まずブラシのタイプです。
静電気が起こると頭皮に刺激を与えてしまうため、静電気が起こりにくい素材を選ぶようにしましょう。
豚毛やイノシシ毛のものは比較的高価ですが、静電気が起こりにくく、長く使うことができるため結局はお得です。

AGAの症状が気になるなら、100円均一で買えるような硬いナイロンのブラシ避けること。
洗髪前に汚れを落とすときには静電気防止加工された手ごろな価格のナイロンブラシを、清潔な髪に使用するときは天然毛のものと使いわけてみるのもよいのではないでしょうか。

次に正しいブラッシング方法について考えてみましょう。
頭皮を刺激しすぎないよう、あくまで毛髪をブラッシングするという気持ちで行いましょう。

絡まりやすい毛質の方は毛先からほぐして最後に根元から毛先までブラッシングすれば、抜け毛を防ぐことができます。
また、以前ブラシで頭皮を叩いて血行促進!というCMが流行ったことがありましたが、AGA対策をするなら固いナイロンブラシなどで頭皮を刺激しすぎるのはNGです。

血行促進マッサージは育毛剤を使って、指で行うようにしましょう。

また、空気が乾燥する季節は静電気防止のためにもブラッシンローションをスプレーしてからブラッシングするのがオススメです。

洗髪後、髪が濡れているときはキューティクルがふやけた状態になっているため、ブラッシングは避け、必要な時は目の粗いくしでとかす程度にしておくようにしてください。



Copyright (C) 2013-2014 AGAレスキュー隊 All Rights Reserved.