冬のAGA対策

空気が乾燥すると頭皮も乾燥する?

空気がカラカラに乾燥しはじめる冬。寒くなると暖房で室内の空気も乾燥しがちです。実は冬は髪と毛根にとっては厳しい季節でもあるのです。

きちんとケアしないと冬にAGAの症状が進行してしまうことがあります。では、ここで冬に気をつけたい頭皮のケアとAGA対策について考えてみましょう。

静電気や血行不良などの影響

寒い時期は帽子やマフラーで防寒対策をする方も多いのではないでしょうか。最近では一年中ニット帽をかぶっている男性もいますよね。

ファッション面でも人気の高い帽子ですが、冬のAGA対策を考える上で気をつけたいことがあります。それが静電気です。帽子やマフラーなど防寒性の高いアイテムは空気が乾燥した時期、静電気を起こしがちです。

この静電気は毛根を刺激してダメージを与えてしまうため、AGAの症状を進行させてしまうと言われています。 さらに静電気によって引き寄せられた、汚れたホコリやチリなどが原因で頭皮にかゆみやかぶれなどを引き起こすこともあります。空気が乾燥している時期ですから、爪でガリガリ掻くと、すぐに頭皮に傷がついてバイ菌などが入りやすくなってしまいます。

静電気を起こしにくくするためにも、室内では加湿器を使用するとよいでしょう。また、AGAシャンプーをするときにはアミノ酸系タイプを使用すると、頭皮を乾燥させることがありません。

また寒くなると血行も滞り、毛根に十分に栄養が行きわたらなくなります。適度な運動をして全身の血行を促進するのもAGA対策はとして効果的です。


Copyright (C) 2013-2014 AGAレスキュー隊 All Rights Reserved.