AGAの原因   

  

なぜAGAが起こる?

「薄毛なんて治らない」と思っていませんか?しかし最近では効果の高い育毛剤や育毛シャンプーなども増えてきていますし、病院でAGAの治療を受けることも可能になってきています。ここで、AGAになる原因、遺伝や外的要因について詳しく考えてみましょう。

まず考えられる大きな原因が遺伝です。両親や祖父母のうちに薄毛の症状がある人がいれば、自分自身も薄毛になることが考えられます。なかには父や祖父と同じように頭頂部から抜け始めた…というようにAGAの症状も似ているという人も多いようです。

男性ホルモンの影響

AGAが遺伝する可能性があることは分かりました。ここでもう少しAGAの症状が起こるメカニズムについて見てみましょう。毛髪にはヘアサイクルと呼ばれる周期があります。健康で太い髪はこのヘアサイクルの中の成長期と呼ばれる周期にあたっています。

遺伝などの影響で男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が増えると、髪を作り出している毛根の機能が低下し、髪がしっかりと太く成長する前の段階で抜けてしまうようになります。これがAGAの症状です。

実際にAGAだと診断された方の頭皮からは大量のDHTが検出されるのだそうです。 毛髪の成長期は通常、2年から6年あると言われていますが、AGAを発症すると数カ月から1年程度になってしまうと言われています。

このことで太い毛髪が減り、全体的に柔らかく細い髪が増えてしまうのです。 またAGAは遺伝の他にも生活習慣やストレスなどの影響を受けることも分かっています。



Copyright (C) 2013-2014 AGAレスキュー隊All Rights Reserved.