AGAと加齢臭の関係 

加齢臭とAGAの原因は皮脂にあった?

AGAが気になる年代になると、メタボの他にも気になってくるのが加齢臭です。
30代半ば頃になると枕カバーが匂うようになったり、すぐに汚れが目立つようになります。
加齢臭は、うなじや頭皮の皮脂分泌が増えて皮脂の中の脂肪が酸化することで起こります。

頭皮は乾燥するとかゆみや炎症を起こしやすくなるため、ある程度のうるおいは必要ですが、皮脂の分泌が過剰になると頭皮の毛穴をふさいだり、酸化して加齢臭のもとになったりするのです。
家族から「おじさん臭い」と言われたら、加齢臭対策として、頭皮の皮脂をコントロールするケアも加えてみましょう。
同時にAGA対策にもなるので一石二鳥です。

頭皮に優しいシャンプーで皮脂をとりのぞこう

加齢臭の原因となる酸化した皮脂はそのままにしておくと、頭皮の毛穴に詰まり、毛穴をふさいしまいます。このことで、頭皮環境が悪化しAGAの症状を進行させてしまうこともあります。
毎日シャンプーをしているのに頭皮が匂うという場合は、シャンプーが合っていないのかもしれません。
合成界面活性剤を使用した安価のシャンプーは頭皮を乾燥させて、皮脂の分泌をかえって増やしてしまうものもあります。

育毛効果のあるシャンプーの中にはアミノ酸系の洗浄成分を使用した皮脂のよごれをスッキリと落としながら、頭皮を乾燥させないタイプのものも増えてきていますので、こうした頭皮に優しいタイプに切り替えてみるのもよいでしょう。
AGA対策に育毛剤を使用する場合も、毛穴に詰まった皮脂をきちんと取り除いてからでないと有効成分を浸透させることができません。

皮脂を上手に取り除いてくれるシャンプーにすれば加齢臭も徐々に改善されていくはずです。



Copyright (C) 2013-2014 AGAレスキュー隊 All Rights Reserved.