これってAGA? 

 

AGAかなと思ったら

最近、鏡を見ていて髪のボリュームが減ってきた…と感じることはありませんか?AGAの症状は徐々に、そして確実に進行してしまいます。放っておくと、どんどん薄毛が進行してしまうため、一日も早くケアを始めることが大切だと言われています。AGAは早い人では20代から症状が出始めます。ここでAGAの初期段階の症状について詳しく説明しましょう。

髪の変化を見極めよう

AGAの初期症状として現れやすいのが、ボリュームの変化です。昔はハリがあってゴワゴワしていたのに、最近は柔らかい髪が多くなってきたと感じるようになったら注意が必要です。 次に気をつけたいのが抜け毛の量の変化です。

シャンプーやスタイリング時にごっそり抜けるようになった、朝起きたときに枕に細い髪の毛がたくさんついている、家の中に落ちている抜け毛の量が増えるなどの症状です。スタイリングがしづらくなったと感じるのも、実は毛髪の量が変化しているからかもしれません。

また頭頂部から脱毛が始まるケースは自分では気がつきにくいこともあります。父親や祖父が頭頂部から始まるタイプの薄毛だったという場合は、合わせ鏡で確認したり、家族にチェックしてもらうなどして薄毛の症状を見極める必要があります。

AGAかな?と思ったら、早めにシャンプーを見直したり、育毛剤を使用するなどのケアが必要です。同様に病院で受けるAGAの治療も継続して行うことが重要だと言われています。気になり始めたら、できるだけ早くAGAの治療に力を入れている病院を探して診察を受けてみるようにしましょう。



Copyright (C) 2013-2014 AGAレスキュー隊All Rights Reserved.