生活習慣は大事

 

生活習慣がAGAに与える影響

紫外線量の変化や空気の乾燥、花粉など季節によってもAGAの症状は進行しています。それ以上に大きな影響を与えると言われているのが、私たちの生活習慣です。ここで、AGAの症状に影響を与えがちな生活習慣について考えてみましょう。

喫煙や飲酒もAGAの原因に

抜け毛対策をする上で、一番初めに考えたいのが喫煙の習慣です。煙草を吸うと、体温が下がり、全身の血行が悪化します。すると食事などから摂取した栄養が体の末端である頭皮までなかなか行きわたらなくなってしまいます。

また最近では喫煙によってAGAの原因のひとつでもある男性ホルモンの増加が認められたという研究結果も出ているのだそうです。煙草は百害あって一利なし。本気でAGA対策をするなら禁煙も考えましょう。

その他に飲酒も程度によっては抜け毛に影響すると言われています。少し飲む程度であれば、血行促進効果が得られるので影響はありませんが、翌日に残るほどの深酒はAGAの症状を進行させることがあります。

これはアルコールが血液で運ばれる栄養や酸素を吸収してしまうから。また、お酒を飲むときについつい選んでしまいがちな味の濃い、脂肪分の多い食事やおつまみも抜け毛にはよくありません。

AGA対策をするなら、コンビニのお弁当やインスタント食品のような添加物の多い食品はできるだけ控えて 良質のたんぱく質や亜鉛や鉄分などのミネラル、血行を促進してくれるビタミンEなどの栄養素を含む食材を摂るようにしましょう。

またストレスもAGAを悪化させてしまいます。疲れたときは少し無理してでも早めに仕事を切り上げて帰宅し、ゆっくりお風呂に入って十分な睡眠を摂るようにしましょう。



Copyright (C) 2013-2014 AGAレスキュー隊 All Rights Reserved.