夏のAGA(紫外線) 

 

紫外線と頭皮の関係

年々厳しくなる、夏の暑さと紫外線の強さ。日焼け止めや防止、日傘などを使った夏の紫外線対策といえば、女性がするものと思っていませんか?当然のことですが、男性の肌も紫外線の影響をうけています。もちろん頭皮も同様です。

夏の強い紫外線によってAGAの症状も悪化してしまうということを忘れないようにしましょう。 男性のみなさんは夏場も特に紫外線対策をしていないという方がほとんどで無防備に紫外線を浴びてしまっているのではないでしょうか。夏の間に受けた蓄積されたダメージが秋になって、まとまった抜け毛を引き起こすこともあります。ここで紫外線とAGAの関係について詳しく考えてみましょう。

男性でも頭皮と髪のUVケアを

顔や体の肌と同じように強い紫外線を浴びると頭皮も炎症を起こして赤くなったり、急激に乾燥してしまうことがあります。紫外線が肌を老化させるように、頭皮も老化します。このようにして健康で丈夫な毛髪が作られにくい頭皮環境になってしまうのです。

紫外線による頭皮の変化は毛髪に隠れていることもあり、なかなか気がつかないことが多いようです。 さらに紫外線は頭皮だけではなく、髪の毛にも悪影響を与えます。AGAの症状が進行しつつある、細くやわらかい髪は特に紫外線の影響を受けやすくなっています。

抜け毛を防ぐためにもレジャーやスポーツで一日外にいた日などが続いたら髪と頭皮をいたわるケアをしてあげましょう。 最近では頭皮と髪を紫外線から守ってくれるUVカットスプレーなども販売されています。帽子をかぶるのが難しいという場合はこのようなスプレーを使ってAGAの症状の進行を防ぐようにしましょう。



Copyright (C) 2013-2014 AGAレスキュー隊All Rights Reserved.