髪にキク?食生活

食事でAGA対策

薄毛や抜け毛を防いで元気な毛髪を作るには育毛剤やシャンプーでのお手入れや生活習慣の見直しにプラスして食生活の改善も必要だと言われています。
病院でのAGAの治療や育毛剤などでのケアを続けていても偏った食事を摂っていたり、不規則な食生活をおくっていては効果も出にくいと言われています。

では、ここでAGA対策にもなる髪にいい食生活について考えてみましょう。

積極的に摂りたい栄養とは?

丈夫な髪を作る栄養素として積極的に摂りたい成分がたんぱく質です。
髪を作る元となる良質なたんぱく質を摂るためには、納豆、豆腐などの大豆製品や白身の魚や肉、たまごを積極的に摂るようにしましょう。

また男性に不足しがちなミネラル、亜鉛もAGA対策としての丈夫な髪作りに欠かせない成分です。たんぱく質の一種である髪の主成分、ケラチンは亜鉛が不足すると体内で合成されづらくなってしまいます。亜鉛はカキやレバー、うなぎ、アーモンド、海藻などに含まれています。

なかなか食事から摂りづらいという場合はサプリメントで補ってもよいでしょう。

ではAGA対策をする上で控えたほうがいい食べ物にはどんなものがあるでしょうか。
まず、皮脂の分泌を増加させる脂っこい食事や塩分の強すぎる食事はNGです。

その他にも刺激の強い香辛料を摂りすぎるのもよくありません。
また夜遅く食事をするのもAGAを悪化させる一因となります。
これは食事が未消化のまま胃に残っていると眠っている間に消化活動を行わなければならなくなるため、成長ホルモンが正常に分泌されなくなるためです。

ヘアサイクルを正常に保つためにも成長ホルモンの分泌は欠かせません。
就寝中にきちんと成長ホルモンが分泌されるよう、食事は寝る3時間前までに済ませておくのがベストです。



Copyright (C) 2013-2014 AGAレスキュー隊 All Rights Reserved.