AGAとはどんな症状  

 

AGAってなんだろう?

30代、40代になると気になり始める男性の薄毛・抜け毛の症状。いろいろな育毛剤や育毛シャンプーなどが販売されていますが「どうせ効果がないから」と諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、最近では男性の薄毛はAGA(男性型脱毛症Androgenetic Alopecia)と呼ばれ、症状によっては病院での治療や予防も可能になってきています。では、男性の薄毛、AGAとはどんな症状なのでしょうか。

成人男性なら誰でも気をつけたいAGA

AGAは成人男性に見られる薄毛の症状で、頭頂部や前髪の生え際から徐々に毛髪が薄くなっていく症状です。人よっては頭頂部と前頭部の両方から薄くなる場合もあります。まず部分的に抜け毛が増え、徐々に全体的に髪が薄くなるというもので放っておくと、どんどん進行してしまうと言われています。

また生えている髪も太く丈夫な髪が少なくなり、細くやわらかい毛が多くなってくるため、本数だけではなく全体的なボリュームも減ってしまいます。 日本では成人男性の約3割がAGAの症状に悩んでいるのだそうです。以前より洗髪時の抜け毛や朝起きたときに枕に抜け毛がたくさんついているようであれば、AGAであることを疑ってみてもいいかもしれませんね。

薄毛の症状が進行すると、見た目年齢がぐんとアップしてしまいます。きちんとケアすることで進行を遅らせることは十分可能です。AGAかな?と思ったら、早めに対策をとりはじめるようにしましょう。



Copyright (C) 2013-2014 AGAレスキュー隊All Rights Reserved.