AGA対策(頭皮ケア) 

 

頭皮環境を整えよう

男性の抜け毛・薄毛の症状であるAGA対策の一環としてよく耳にする「頭皮環境を整える」というケア。そもそも頭皮のトラブルによって頭皮環境が乱れるというのは具体的にどのような症状を指すのでしょうか。頭皮環境の悪化によるAGAの症状をいくつかあげてみましょう。

頭皮と抜け毛の関係

遺伝やその他の原因で男性ホルモンの量が増えると、頭皮の皮脂が過剰に分泌されるようになります。このことで毛穴がふさがれてしまい、健康な髪が生えづらくなってしまいます。さらに毛穴に詰まった皮脂が毛根で炎症を起こしてしまいさらに髪が抜けやすい状態になってしまうこともあります。

これを脂漏性脱毛と呼びます。シャンプーしても頭皮がベタつくたという人は、この脂漏性脱毛の疑いがあります。 また皮脂が少なすぎる場合も同じように頭皮環境を悪化させてしまいます。

刺激の強いシャンプーで皮脂を摂りすぎると、頭皮が乾燥してしまい、外部からの刺激に弱くなり、ちょっとしたことで炎症を起こしてしまいます。こちらはひこう性脱毛症と呼ばれています。頭皮がかゆい、以前よりも乾いたフケが増えた気がする…という人は要注意です。

AGAの進行を遅らせるには頭皮環境を整えて、毛髪が生えやすい状態にしてあげることが大切です。AGAの症状に適した育毛成分が配合されたシャンプーや育毛剤を使用して、頭皮を清潔な状態に保ちましょう。シャンプーのときは爪を立てて洗ったりしないこと。つい力が入ってしまうという方は洗髪用の柔らかいブラシを使うのもオススメです。



Copyright (C) 2013-2014 AGAレスキュー隊All Rights Reserved.